BLOG


教師の心意気を見た!

先日の定休日の出来事です。

朝一番で電話がありました。

 

「金髪の髪を黒く染められないでしょうか?」

「美容室で染めたのですが茶色い髪までにしか染まらないって言ってるんですよ」

 

高校の後輩である中学校の先生からでした。

どうやら転校してきた子でいろいろ訳ありな様子。

 

「黒くできますよ。大丈夫です。」

当店の一番暗い色を使えば一発です。

しかしなぜ

美容室まで行っても黒くできなかったのか?

疑問が残ります。

 

先生の話を聞いていると

何だかとても大変な感じが・・・

学校には行きたい気持ちはある。

しかしまずは、金髪の髪を黒くしてこないとねぇ。

その子は何とか抵抗したくて

真っ黒ではなく少しは明るい感じを残したい!

ってことで、金髪から茶色の髪にしたのか?

それとも行った美容室がよろしくなかったのか・・・

 

「では、生徒を説得しますので、小野さんのお店で染めてもらえませんか?」

「連れていきますので」

とのこと。

 

女の子で髪は長いとのこと。

さてどんな女の子が登場するのでしょうか?

 

ん・・・

先生も一緒に来るんだ!

面倒見いいなぁ

親じゃないんです。

今どきの中学校は、高校受験の際はあまり先生がかかわらず

親が高校に行ったりと、家庭に任せることが多いとか。

生徒と先生というか学校の関係が薄いような感じがしていました。

あくまで外から入ってくる情報なので詳しくはわかりませんが

 

そして

夕方にお店に先生と女子2人が来ました。

女の子2人?

しかも茶色い髪の子と、ベージュ色の金髪の子。

これは大変そうだなぁ

と最初の感想。

どうやらベージュの子はお姉さんでもう成人しているんだと。

 

ヘアライターの佐藤知美さんの本で

「女の運命は髪でかわる」

というのがありその中に

「髪はほぼ人格」

とおっしゃっています。

 

顔の印象もありますが

女性の場合は髪の毛が長く多い為

髪の毛の印象はとても大きいのです。

 

茶色になった今度学校に入る女の子の髪を触りながらカウンセリングをします。

髪が重くカットラインもばらばら、くせ毛で広がりやすい

前髪が長い・・・

これは手入れも大変だろうなぁ

 

でもって、その子は口を開きません。

その間のお姉さんと先生も入ってきました。

人見知りなのか僕とは話ができないのです。

初対面の人に色々話せれば学校にも行けるか・・・・

うーん難しいなぁ

 

するとどうでしょう

先生とお姉さんが話にグイグイ食い込んで

何だか難しく感じていた感じが解けていきます。

この3人のコミニュケーションは結構できているんだな

この姉妹に溶け込む先生の姿に

熱いものを感じました。

 

なんとかこの子を学校に来させたい!

と先生の気持ちはビシビシ伝わります。

帰った後に聞いたのですが

「なんとか卒業まで面倒見たいんですよねー」

とのこと。

 

こういう先生も今もいるんだ・・・

 

鏡に映る茶髪の女の子はどうも自身が無さげ

当たり前か・・・

この子をどうにか前向きに気持ちを変えてあげられないだろうか

と自分。

外見的な美しさは磨くことによって

心の自信へと繋がっていく瞬間があります。

その自信は着飾っただけではごまかせないものを映し出すんですよねぇ。

と思うのでありんす。

 

カラーだけでしたが

スイッチが入ってしまいカットもアイロンセットもして出来上がりました。

これで学校行けるっしょ!!!

 

先生の心意気にやられて

初心の気持ちを改めて思い出したように感じた時間でした。

 

先生も

「学校に来る良いきっかけになりました!」

とのこと。

 

あの姉妹の幸せを祈りたいと思います。

それには学校が大切で

先生という存在が欠かせないのですね。

 

頑張っていただきたいですねぇ

先生!

 

 

 

 

 

 

 


Suicaと切符はなくしやすい

Suicaを落としたのは1か月前

電車に乗る際は切符を買ってしばらくいました。

せっかちな日本人?にはもはや切符を買う時間すら

もったいない。

それとメンドクサイ。

 

駅の料金表探すのが面白いと感じるのは

昔のことだったかなぁ。

山手線って1周するんだ!とか

鎌倉ってこんなに遠いんだ!とか

池袋って意外に近くて安くいけるんだな!とか

いろいろ感じてました。

 

子供に切符を買わせてみると

面白いですよね。

間違え探しを見つけるみたいに

料金表をじーっと見上げてるのが・・・

 

一度Suicaの定期券を拾ったことがあります。

総額を見ると15万円!

6か月の定期でした。

それも買ったばかり。

すぐに交番に届けましたが

名乗るほどのものじゃないんで

相手には何も知らせないで帰ってきましたが

はたして

落とし主は現れたのでしょうか?

 

僕が落としたSuicaには

チャージしたての1000円が入ってました。

たった1000円ですが

なんか残念で駅の方に聞いてみました

「Suica落としたんですが」

しかし1か月前の落し物はもう遠くにしまわれているらしく

なんか面倒。

ということで

人生2回目のSuicaを作りました。

そしたらどうでしょう。

 

また落としたのです!

ポケットのあるはずのが無い!!

そこからUターンして後をたどってみると

ちゃんと落ちていました。

 

諦めずに探すことも大事だ

と思うのと

隙がありすぎだなと

反省しました。

 

 

そしてSuicaのクレジット機能は

危ないと思うのでありました。

 

 

おしまい。


ネイバーフッドさんへ行ってきました

いつ行っても同じ安定感。

とても素晴らしいと思います。

 

その時のお客様のメンバーで雰囲気は少し変わりますが

変わらない味と雰囲気です。

 

マスターの作るお酒、お料理はとても好きですねぇ。

これはスクリュードライバー

オレンジは全部オレンジを絞って出してくれます。

オレンジジュースではありません。

音楽、特にレコードとかあまり詳しくないですが

アナログな音楽が楽しめます。

これはジュークボックス。

珍しくってそして動きが面白いです。

 

色々な話も聞いてくれたりして

感謝であります。

あぁいつまでもあってほしいお店です。