BLOG


青木中央小学校の歴史を磨いてみる その1

川口市立青木中央小学校は自分の母校であります。

通っていたころの思い出は数々。

いまだに校歌をリコーダーで吹けるくらいの・・・

 

6年生の時に

健康優良学校という事で全国1位になった出来事がありました。

子どもながらに誇らしい気持ちになったのは覚えております。

子供以上に先生方、親御さんたちが熱くなっていたのは想像しやすいもの。

かなりのものだったと思います。

だって偉い人たちが学校を訪れる時なんかは

学校の掃除を親が駆り出されてしに行くくらいですから。

すごいなPTAって・・・

 

そんな中で育った僕らはどうだったのか?

大人たちが「ざわざわ」してるなぁ・・・ってくらいっだたと

そんなもんですよね。

 

ただとても印象的だったのは

健康優良学校ということでいただいたトロフィー。

斬新なデザインだったのを鮮明に覚えていたのです。

 

そして30年の時を経て

自分は母校のPTA活動に参加することに。

会議とかあると、職員玄関から入っていくことになるのですが

そこには青木中央小の輝かしい表彰の歴史があるのです。

するとそこには

やはり当時斬新に感じていたトロフィーが飾られてありました。

 

とても嬉しく懐かしい感じと

その物自体がくすんで見えて残念な感じがあるのでした。

 

ある時に校長先生に

「あのトロフィーを綺麗にさせていただけませんか?」

とお願いしたところ

「是非お願いしますよ」

とのこと

でもまぁ社交辞令的なものだと解釈していたのです。

 

すると先週お店に電話が

校長先生でした。

「もしよろしかったらトロフィーを磨いていただけませんか」

これから職員玄関の棚を変えるとのことで色々変えているところなのだそう。

 

すぐに学校に行きました。

なんと持ち帰っていいとのこと!!

びっくりしました。

あのトロフィーが家にやってくる!!

30年の時を経て学校から飛び出して一般家庭にやってくるのは初めてではないだろうか?

ねぇトロフィー君?

 

そして

るんるんしながら

トロフィーと、ピカールという金属磨きを渡され帰ってきました。

これすんごい重いんですよ。

片手で水平持ちだとプルプルしてしまうくらいの。。。

 

 

とまぁ

ここまでは良かったのですが

ここからが試練の時となるのでした!

久しぶりに心が揺れました

色んな方向に揺れました

 

 

 

あぁ

さすが校長先生とも思ってしまいました。

頼まれごとは試されごと・・・・・

そんなフレーズが頭の中を駆け巡るのでした。

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

長くなるなぁこれ

 

 


花粉がお肌についています。

花粉症が辛い時期ですね。

花粉は髪の毛やお肌にもつきます。

アレルギーが強い方なんかは

お肌が荒れてしまうことも・・・

 

お肌につく原因の一つに

産毛があります。

産毛が沢山あるとそこにひっかかるんですねぇ

 

お顔そりは

お肌の角質を取ることが目的ではありますが

産毛もしっかりと取ってくれます。

(お顔そりの逆のイメージに感じられるでしょう)

 

ちなみに

今、女性のお顔そりの方がとっても増えています。

お肌のお手入れの一つとして

お顔そりはとっても効果のある技術です。

 

男性の方の髭剃りとは違い

女性の方のお顔そり美容法は

使う材料が違ったりお肌に優しくエステ感覚なものです。

 

ユキエさんのお顔そり美容法は気持ち良いですよ。

花粉症の方にも是非一度お試しいただけたらと思います。

 

 


バッサリと髪を切る

3月に入り髪の毛をばっさり切る方が多いですね。

「暖かくなってくるから」

「いろいろイベントがあるから」

「すっきりしたいから」

 

ちりとりの中はいつも髪の毛沢山!

 

切る方も気持ちがいい!

だけど時間が少しかかりますね。

当たり前か。

1回でジャストの長さにできれば早いですが

すこし保険をかけて

少し長めに切るかな。

そしてそこから調整していきます。

 

卒業式・入学式・転勤などなど

人生の節目のタイミングですから

髪の毛もすっきりとしたいものです。